HOME>注目記事>歯茎や歯の根元が気になるときには専門医のいる歯科医院へ

歯茎や歯の根元の不安を感じたら迷わず受診

女性

歯を失ってしまう一番の原因は歯周病です。30歳以上になると軽度も含めて8割以上に症状が見られると言われていますので、とても他人事ではありません。特に唾液の分泌量が減る高齢者は歯周病菌が増えてしまうためリスクが高いのですが、ほとんど自覚症状がないため発見が遅れてしまう場合があります。歯周病菌は毒素や炎症性物質を大量に出すため、それらの有害な物質が血液に交ざって全身に流れることで、血管の怖い病気を引き起こすことも分かって来ました。まさか動脈硬化や脳梗塞など、血管障害が口の中から引き起こされるとは思わない人も多いでしょう。痛みや出血、腫れなどがあればもちろんですが、何の自覚症状もなくても、予防のために堺市の歯科へ検診に行くのが正解です。

どんな歯科医院を選べばいいか

歯科治療

堺市にはたくさんの優良な歯科医院がありますが、歯周病の治療を受けるなら、やはり歯周病専門医の資格をもつ歯科医師を受診しましょう。例えば、すぐ抜歯してインプラントを進められた人が、歯周病の専門医の診察で、まだ抜歯する段階ではないという診断がついたという事例もあります。もちろん進行した歯周病では抜歯が避けられないケースもありますし、抜かなければいい歯科医師というわけではありません。ただ、専門医のほうが他の選択肢も含め、いろいろな手段を講じることができるのは事実でしょう。納得の行く説明も受けられるはずです。

患者のことを第一に考えてくれる専門医へ

診療室

歯周病は治療にも時間がかかりますし、自分でも努力してコツコツと治して行く必要があります。根気よく治療を続けるためには、患者のことを一番に考えてくれる信頼のおける歯科医師との連携が必要でしょう。もちろんこれは歯周病に限ったことではなく、歯科医療全般に通じることです。患者第一という姿勢は、治療だけでなく院内の清潔や説明・指導などさまざまなところで感じ取れるものですから、是非話を聞いてみましょう。また、どうしても納得が行かない場合は、堺市の別の歯科を訪れてセカンドオピニオンを活用するのも一つの方法です。